2008年11月17日

3時間半

s-P1030694.jpg

新しいホームベーカリーでもちもち食パンを作ってみた。
なんと3時間半もかかる。
働きものだ。
働いているようには感じられないくらい静音設計。
こねてる音がしない(笑)。

出来上がった感じでは、生地もやわらかそう。
だけど、試食は明日だ。
こんな時間から食べるわけにはいかない。

がまんがまん。


posted by doroshan at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

抹茶食パン

s-P1030418.jpg

きれいな抹茶色。
香りもgood。
味もそれなり(笑)。
あくまで家庭用ですから。

さらばっ


posted by doroshan at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ブルーベリー食パン

冷凍庫を占領していたコストコで買ったベーグル12個とマフィン12個。
それもようやく空いてきたので本日パン作り。

1斤分材料
グラニュー糖 25g
塩 4.2g
ブルーベリー(冷凍) 75g
水 100g
国産強力粉 250g
ドライイースト 2.5g
ショートニング 20g
ドライブルーベリー 40g

冷凍ブルーベリーは解凍しておく。
1)パンケースに、グラニュー糖、塩、ブルーベリー、水を入れて混ぜる。
2)強力粉、その上にドライイーストをのせてスタートボタン。
3)5分経ったらショートニングを入れる。
4)ミックスコールでドライブルーベリーを投入。

4)は、ドライブルーベリーがなかったので省略。
ショートニングを時間差で入れるのは、グルテンをしっかりと作るため。早くにショートニングを入れてしまうと、グルテン生成の妨げになるのだと本には書いてあった。
また、外国産強力粉を使う場合には、水の量を5g増やすとも。

そしてこちらが完成品。↓

s-P1030068.jpg

s-P1030070.jpg

s-P1030071.jpg
↑焼きたてを切ったので、まだ湯気が(笑)。

色はきれいな紫色。
夕飯は済んでいるのに、1切れ試食。
味は・・・、ドライのブルーベリーを入れてないからか、やや風味不足(笑)。


posted by doroshan at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

全粒粉入り食パン

一度ラクを覚えると(笑)・・・。
最近はもっぱらホームベーカリーでラクラクパンばっかり作ってる。
今日は、全粒粉入り食パン。
もち、材料を入れてスイッチを押すだけ。
チョー簡単(苦笑)。

ベーグル作ってたのがうそのよう。

s-P1020956.jpg

材料(1斤)
強力粉 150g
全粒粉 100g
インスタントドライイースト 3g
砂糖 10g
塩 4g
スキムミルク 10g
ショートニング 20g
水 180g

s-P1020957.jpg

ツブツブが全粒粉。
今日はやわらかく仕上がった。

ホームメイドのよさは、添加物が入っていないこと。
安心パン。
味は、ま、今のところ、それなり(笑)。
そりゃパン屋さんのパンのほうがいい材料と技術力でかなわないけれど、これはこれのよさがある。

さて〜、このパン作りいつまで続くだろうか〜。

さらばっ


posted by doroshan at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

ゆずパン

ホームベーカリーでゆずパンにチャレンジ。

ゆずぱん(1斤)
材料
強力粉 250g
インスタントドライイースト 3g
塩 4g
無塩バター 20g
水 160g
ゆずマーマレード 50g

まずは、ゆずジャムとぬるま湯を投入。
そして、粉と塩をふるいにかけて投入。
無塩バター、そして最後にインスタントドライイースト。

後はスイッチを入れて、2時間40分待てばいい。
らくちん。
このらくちんさを知ってしまうと、ベーグル作るのめんどくさ(笑)〜。

s-P1020955.jpg

で、出来上がり↑。
強力粉だけだと、ふわっふわに仕上がる。
切ってみると、ゆずの香り〜。
だけど、ゆずどこ〜??状態。
唯一見つけたゆずのかけら。(←まるでかこってるとこ)

「こね」の過程で、相当その存在をなくしたようだ(笑)。

でも、ま、よい出来です。

さらばっ


posted by doroshan at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

パン焼き器で焼いた全粒粉入り食パン

s-P1020885.jpg

まあ、ぶさいくだこと(笑)。
不本意な出来ではあるけど、初チャレンジだったのでアップ。(←12/26作成)
といっても、私は材料を量って入れただけ。
後は、パン焼き器ががんばってくれた。(←がんばりが足らん)

s-P1020886.jpg

topの凹凸が気にいらん。
きめが粗いのが気にいらん。
味があんまりしないのが気にいらん。

さらばっ


posted by doroshan at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

バターロール

久々のパン教室。
今日はバターロール。

いつものように成形から。
雫形に伸ばして雫の下から上にゆる〜く巻き込む。
8つのうち6つはプレーン、残り2つはラムレーズンを巻き込む。
この巻きがきつすぎると、焼きあがったときに亀裂ができてしまうので、ふんわりと軽く巻いていく。

s-P1020703.jpg

溶き卵を表面に塗って焼いているのでつややか。

この日の他の方々のパンたち。↓

s-P1020701.jpg

カンパーニュ

s-P1020702.jpg

かのこ豆の入ったお抹茶のパン。
おまんじゅうのように緑鮮やか。
中に入れたお抹茶も、パンを焼いたときに香りと味が感じられるお抹茶を使用しているとか。
高いからといってパンに向くとは限らないらしい。
今度ベーグルにも入れてみようと銘柄をお聞きした。
一保堂の「初音」40g。

試食風景。↓

s-P1020704.jpg s-P1020705.jpg

今日のもう一品は、「きのこの豆乳スープ」。
きのこの香り豊かでおいしかった。

夜には持ち帰ったパン生地で再チャレンジ。

s-P1020706.jpg s-P1020707.jpg

溶き卵を塗るのも億劫になってそのまま強引に焼成。
つやはないけれど、これはこれで素朴な感じがして好き。

s-P1020708.jpg

ご覧のとおり、不必要にふくらみ過ぎず適度な弾力ときめの細かさはやはり天然酵母ならではなのかな。
焼きたては相変らずおいしいぞ。

さらばっ

(おまけ)
ベーグルレッスンに参加したいのになかなか日程があわない。
ベーグルは特別企画のようなので、またリクエストしてぜひぜひ参加して天然酵母のベーグルを味わいたい。

posted by doroshan at 20:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

本格派のフランスパン

金曜日はブラウニーパン教室2回め。
いつものように成形から始まる。
150gに分割して2つのフランスパンを作る。
形はなまこのちょっと大きい版。
こんもり高さを出すために、キャンパスを使ってひだを作ったところに生地を入れ、霧吹きをかけて常温で1時間から1時間半2次発酵を行う。
そしてクーペ(切り込み)を入れて、焼成と。

s-P1020528.jpg

形といい、クーペの入りといい、ちょっといい出来(嬉)。

s-P1020529.jpg

他の方たちのパンは、いちじくパン、かぼちゃのパン、シナモンロール、ベーグルなど。

s-P1020525.jpg s-P1020526.jpg

自分たちのパンが焼ける間、先生が作ってくださったパンと奈良の生徒さんが持ってきてくださったアポロのパンを試食しながら談笑。

s-P1020527.jpg

今月のデザートは、マンゴーソースのかかった杏仁豆腐。
お菓子は食べる気だけで、作る気なし(笑)。



さて、家に帰っても宿題のパン作り。(←ややお疲れ気味)
夕方からバタバタしていたので、10時近くからのパン作り。

夕方SSOKへパン作り用のキャンバスの価格調査。
が、1,500円ぐらいしたので買うのを断念。(←ケチ)
クーペ(切り込み)は、先生から手作りのノウハウをおしえていただいたのでそれを実践。

s-P1020530.jpg

棒は、割り箸。刃は、薬局で髭剃り用の両刃を買ってきて作成。(←バッチリ)

s-P1020531.jpg

↑焼き上がり。
成形の出来不出来で微妙に焼き上がりに違いがでる。
クーペもいろいろ。

s-P1020533.jpg s-P1020534.jpg

焼きたてに魅せられ、夜中の試食タイム。
チェダーチーズたんまり(嬉)。(←カロリーが心配)
皮、バリッ、中、ふんわり。
うふっ、至福のひととき(笑)。


1本、余裕の完食。(←食べて後悔・・・)

posted by doroshan at 08:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

プチクーペ・チーズクーペ

今日はパン教室2回め。
家の近所のパン教室ippoにて。

蒸気法という焼き方でクーペ2種を作った。
相変らず成形がへた(笑)。
パン生地の表面がなかなかなめらかにならない。
前回のオリーブオイルのプチパンとはまた違った成形なので難しい。
この成形の出来の有無で焼き上がりのパンのおいしさも格段に違ってくる。
これは何度も繰り返し練習するしかないな。

さて、蒸気法とはどんな焼き方なのか?
オーブン庫内を300度に温め(←天板もいっしょに)、一方ガスの直火で石をあつあつに熱しておく。
そのあつあつの石をオーブンの下段(底)に入れ、上段にパンをのせた天板を入れる。
オーブンの電源を切って、100ccのお水を石にかけて蒸気を出し、7分間蒸す。
こうすることによって、皮がパリッと仕上がり、つやもでる。
その後、200℃で10分ほど焼いて出来上がり。

s-P1020448.jpg

成形がうまくできていると、パンは上に膨らんで高さが出て焼きあがる。
表面がなめらかに仕上がれば、食感もよくなりおいしい。
先生の指導のもとでは、とってもいい出来(笑)。

s-P1020449.jpg

s-P1020450.jpg

s-P1020451.jpg

s-P1020452.jpg

今日のもう一品は、「赤軸ホウレン草のサラダ・グレープフルーツソース」。
粒マスタード、シャンパンビネガー、あら引き黒こしょうなどがはいったソース。
めずらしい赤軸ホウレン草、茎もやわらかでとてもおいしい。

パンは、他にカフェオレパン、そして私が最初に作ったオリーブオイル入りプチパン。
皆さんとっても上手で焼きあがりも大へんきれい。

試食会&談笑後、帰宅。

そして夕方から一人で今日の復習のパン作り。
先生からいただいた石をチタンの中華なべで熱して熱して熱したおして・・・。
が、オーブンの中で石に水がうまくかからず蒸気足らず(笑)?

できあがりがこちら。↓

s-P1020453.jpg

s-P1020454.jpg

s-P1020455.jpg

成形の失敗により、チーズが上に集まってしまい、焼成であふれ出した。
チェダーチーズとプロセスチーズを入れてオリジナル色を出してみたけれど、さほど効果は感じられず(苦笑)・・・。
3枚目の画像でもわかるように、生地がだれているので平べったい仕上がりになっているのが確認できる。
それでも、味は抜群で缶チューハイと一緒に1つ、2つ、3つ、4つとひとりで4つも食べてしまった。
明日の朝食用なのに・・・。

さらばっ

posted by doroshan at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

またもやパン教室

今日はこっちのパン教室へ。

流れはちょっと前に行った教室とほぼ同じ。
こちらの教室では、おまけのお菓子作りはないけれど試食用のパンと一緒にいただく一品を一緒に作る。
今回私が作ったパンは「オリーブオイルパン」。
国産の小麦粉5種をブレンドしたもの、それとカナダ産の強力粉、洗双糖、自然塩、エキストラバージンオイルを使う。
天然酵母はあこ酵母というもので、お米、雑穀、麦から作られた酵母。
この酵母はいい素材のものを使えば、そのまま味になって出てくるとか。

天然酵母のパン作りでは、温度管理がとっても大切。
こね上がりの生地の温度、一次発酵、2次発酵など季節、室温なども考慮して時間を見る。
しかしそれも目安であって、やはり一番大切なのは生地の状態をしっかりと確認すること。
結構大変だな(笑)。

s-P1020218.jpg

s-P1020219.jpg

↑プチトマトのマリネ

s-P1020220.jpg

↑丸いのが私が作ったパン。
半分に切られたパンは、他の生徒さんが作られた黒こしょうのパンとクランベリーのパン。

s-P1020221.jpg

s-P1020222.jpg

2次発酵後、はさみで十字に切り込みを入れる。
あまり深く入れすぎると、生地がだれてしまって上にふくらまない。


家に帰ってもパン作り(笑)。
持ち帰った生地の状態を見てしばらく室温で一次発酵させ、成形。
この成形がかなり重要だと思った。
生地の表面をしっかりと張らせることで、2次発酵のときに生地が上に伸び上がるので見た目もきれいだし、生地表面がつややかなので食べたときのボソボソ感がなくおいしくいただける。

s-P1020223.jpg

s-P1020224.jpg

教えていただいた時間焼いてもあまりいい焼き色がつかなかったので、ちょっと延長。

s-P1020225.jpg

焼きすぎた(恥)。

加減が難しい・・・。

2箇所のパン教室に行ってみたけれど、どちらもそれぞれに特徴があって楽しい。
教室で教わったことを自宅でのベーグル作りにいかせるようしばらく通ってみようと思う。

あ〜、だけど、だけど〜。
パン作りもいいけれど、テニスがもっとうまくなることが先決なんだな(笑)〜。

さらばっ

posted by doroshan at 21:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

初めてのパン教室

激しい雨の中、初めてのパン教室に行ってきた。
ベーグル作りを極めるべく、パン作りを現場から学び、天然酵母のパンのおいしさを知ろうという目的。
ゆくゆくはベーグルを天然酵母で作るのさ(笑)〜。

初回の今日の私が作るパンは、「ラムレーズンのころころパン」。
流れはざ〜っとこんな感じ。↓

1)こねる
2)1次発酵
3)ガス抜き
4)ベンチタイム
5)分割
6)成形
7)2次発酵
8)クープ
9)焼成
という手順でパンは作られる。
が、時間の関係上すでに2)まで出来上がっているパン生地を使って3)以下の工程にさっそくとりかかる。
7)の2次発酵を待つ間、おまけのお茶菓子(今日は「フロランタン」)を作る。
2次発酵の完了したパンから順次クープ(刃で切り込みを入れる)などを行って、焼いていく。
その間私たちは、すでに先生が作って下さっていたパンで試食&談笑(笑)。

とにかく初めてなので作るのとポイントを押さえるのとデジカメで撮るのとで超忙しい(笑)。

s-P1020175.jpg

ガスぬきを始める前の生地。
小さな気泡が全体にできた状態がgood。

s-P1020176.jpg s-P1020177.jpg s-P1020178.jpg

ベンチタイム→分割→成形の工程。
成形では、高さのある丸にして天板にのせる。

さて、発酵の間はお菓子作り。
セルクルに土台をはめ込み、その上にアーモンドキャラベルを流し込んで焼く焼き菓子。

s-P1020181.jpg

土台。

s-P1020182.jpg

キャラメルはお鍋を水平にゆすりながら材料を溶かす。大きな気泡がふつふつとわき上がった後、しばらくすると小さな気泡に変わる。
鍋底の生地が少し色づいてきたら火を止め、アーモンドとチョコを入れる。

s-P1020183.jpg

セルクルの土台に流し込んで後は焼けるのを待つ。

再び、パン作り。
計量→こねまで。

s-P1020184.jpg

↑本日の強力粉、「春よ恋(こい)」。

材料をこねてビニール袋に入れてこちらはお持ち帰り。
おうちで再びこの生地でパンを焼く。

焼きあがったお菓子を見てみよう。

s-P1020190.jpg

↑チョコ味とパンプキンシードの2種。

s-P1020185.jpg

s-P1020188.jpg

↑試食会風景。

s-P1020197.jpg

↑これが私が作ったパン。

s-P1020198.jpg 

↑左:黒こしょうのパン。右:カレー風味のエピ。

s-P1020193.jpg 

↑クッペ

s-P1020202.jpg 

↑いちじくのパン

s-P1020200.jpg

↑ねぎパン。こちらはフライパンで焼いてた。

そして今日の締めくくり。
家に帰って持ち帰った生地でパン作り。

s-P1020204.jpg

どう?

s-P1020205.jpg

右下がパン教室で焼いたもの。
焼き色が若干足りないな。
電気オーブンの場合には、ガスよりも最初やや温度を高くしてパン生地表面を焼き、中の水分が飛ばないようにする。
その後はいい焼き色がつくまで焼き上げる。

クープのときに、強力粉をふるうんだけど、ちょっとかけすぎてしまい焼きあがった後にはけではたいたらちょっと仕上がりに違和感が(笑)・・・。
それと、ベンチタイムを2回するところを1回にはしょってしまった(笑)。
ま、それでもなんとかかたちにはなるものだわ。

明日の朝、食べよ〜っと。

さらばっ

(おまけ)
60gに分割して4個のパンが出来上がるはずなのに、計量したとき5個できた。
なんでかな・・・?

posted by doroshan at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。