2007年06月27日

またもやパン教室

今日はこっちのパン教室へ。

流れはちょっと前に行った教室とほぼ同じ。
こちらの教室では、おまけのお菓子作りはないけれど試食用のパンと一緒にいただく一品を一緒に作る。
今回私が作ったパンは「オリーブオイルパン」。
国産の小麦粉5種をブレンドしたもの、それとカナダ産の強力粉、洗双糖、自然塩、エキストラバージンオイルを使う。
天然酵母はあこ酵母というもので、お米、雑穀、麦から作られた酵母。
この酵母はいい素材のものを使えば、そのまま味になって出てくるとか。

天然酵母のパン作りでは、温度管理がとっても大切。
こね上がりの生地の温度、一次発酵、2次発酵など季節、室温なども考慮して時間を見る。
しかしそれも目安であって、やはり一番大切なのは生地の状態をしっかりと確認すること。
結構大変だな(笑)。

s-P1020218.jpg

s-P1020219.jpg

↑プチトマトのマリネ

s-P1020220.jpg

↑丸いのが私が作ったパン。
半分に切られたパンは、他の生徒さんが作られた黒こしょうのパンとクランベリーのパン。

s-P1020221.jpg

s-P1020222.jpg

2次発酵後、はさみで十字に切り込みを入れる。
あまり深く入れすぎると、生地がだれてしまって上にふくらまない。


家に帰ってもパン作り(笑)。
持ち帰った生地の状態を見てしばらく室温で一次発酵させ、成形。
この成形がかなり重要だと思った。
生地の表面をしっかりと張らせることで、2次発酵のときに生地が上に伸び上がるので見た目もきれいだし、生地表面がつややかなので食べたときのボソボソ感がなくおいしくいただける。

s-P1020223.jpg

s-P1020224.jpg

教えていただいた時間焼いてもあまりいい焼き色がつかなかったので、ちょっと延長。

s-P1020225.jpg

焼きすぎた(恥)。

加減が難しい・・・。

2箇所のパン教室に行ってみたけれど、どちらもそれぞれに特徴があって楽しい。
教室で教わったことを自宅でのベーグル作りにいかせるようしばらく通ってみようと思う。

あ〜、だけど、だけど〜。
パン作りもいいけれど、テニスがもっとうまくなることが先決なんだな(笑)〜。

さらばっ

posted by doroshan at 21:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 作る(パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パン作りはパン作り♪
テニスはテニスっO(≧▽≦)O
パンを片手にコートでお会いしましょう♪♪♪
Posted by at 2007年06月28日 20:14
ふふっ(笑)、そうしましょ〜!!
Posted by doroshan at 2007年06月28日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46063529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

自然塩(自然海塩)・天然塩という表示について
Excerpt: 塩の商品にはしばしば「自然」「天然」という言葉が使われることがあります。「自然塩」「天然塩」「自然海塩」などがその例となりますが、★東京都の指針によればこういった「自然」・「天然」という用語をしないよ..
Weblog: 身近な「塩」を知るブログ
Tracked: 2007-07-05 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。