2008年08月14日

しゃぶしゃぶ

昨日は、夫の実家でしゃぶしゃぶをごちそうになった。
みなはしゃぶしゃぶをどんなふうにして食しているのだろうか。

結婚して16年、その積み重ねでしゃぶしゃぶの食し方も微妙に変わってきてようやく最近我が家流のしゃぶしゃぶが確立された感じ。

しゃぶしゃぶのスープ(だし汁)は牛からとったものがいいのだろうが、家庭ではなかなかそこまで本格的にできない。
うちでは、もっぱら昆布だし。
その中ににんにくの固まりを入れておく。(←食べるのは最後の最後)
これは、格闘家の角田さんのレシピを拝借したもの。
つけだれは、ごまだれとポン酢。
ごまだれにはラー油を落とすのを忘れずに。
このごまだれには、お肉と糸こんにゃくのみに使用。(←私の場合)
野菜はポン酢があっさりとしてていい。

最後は、中華そばで締め。
だし汁にうすくちしょうゆと塩等で味をつけて、中華そばを投入。
器にとってねぎを散らし、黒こしょうをひいて食す。
このときににんにくのかたまりがきく。
まるでゆりねのようにホクホク。(←美味)

っとまあ、こんな感じ。
お肉は牛肉のときもあり、豚肉のときもあり。

さて、昨日は飛騨牛の特上とか。
確かに脂身も甘くておいしい。
お肉やわらか〜。
こちらでは最後はうどんで締め。
うどんはうどんでまたいいもんですな(笑)。

結局おいしけりゃなんでもいいんだ〜の結論。
確かに(笑)・・・。
おいしけりゃいいのさ。

(おまけ)
familyの一員柴犬のトラは、この暑さで屋外から玄関土間に居住地を移動。
その上、専用扇風機もある待遇(笑)。
全然やせてない。
食欲がないらしいが、まったく肉付きに変わりなし。
いいのか、悪いのか・・・。

たまに散歩している柴犬らしい柴犬を見ると、「この肉体と物腰こそが本来の柴犬の正しい姿だよなあ〜。」と独り言。
うちのトラは明らかにブサイク系。
でも、ま、いっか。
家に行けば、うれし泣き(吠え)してくれるし(笑)・・・。


posted by doroshan at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。